おまけ

killbitチェックはMSから配布されているClassIDを使うと便利*1 使い方は classid.exe {CLSID} で、該当するCLSIDのセキュリティチェックを表示 C:\>ClassId.exe {0002E541-0000-0000-C000-000000000046} (*) Clsid: {0002E541-0000-0000-C000-000000000046} …